リリカカプセルは薬局では買えない

リリカカプセルはどうして薬局では入手できないのでしょうか。その理由を解説していきたいと思います。

リリカカプセルが薬局では入手できない理由

薬局やドラッグストアにはリリカカプセルはおいていません。その理由はリリカカプセルは法律で規制されており、一般の薬局やドラッグストアでの販売は許可されていないからです。

 

リリカカプセルを販売できるのは、病院か病院から処方箋を受けた調剤薬局限定です。もしも、それ以外の場所でリリカカプセルを売っているのを見つけても手を出さないのがいいでしょう。偽物である可能性は高いですし、本物だったとしたら違法な売買を行っている店舗ということになります。偽物を使って体を壊したり、なんらかのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

 

リリカカプセルは病院以外では調剤薬局で手に入れることはできますが処方箋が必要です。つまり病院に行くのは必要不可欠ということになります。必要だから売ってくれと言っても法律で決まっている以上売ることはできません。

 

リリカカプセルを手に入れるためには、病院へ足を運ぶのがもっともわかりやすい方法ということになります。

 

ですが、病院に行くには時間がない、わざわざ病院に行くのはちょっと… といったハードルがあるのも確かです。薬をもらうだけなのに他に診察代と交通費がかかるのは嫌だという方もいると思います。

 

そんな方たちにオススメの病院を利用しないリリカカプセル入手方法をお教えします。

 

さらに詳しくリリカについて知る

 

リリカは飲み方を間違ったり、症状を合わせないとうまく効果がでない医薬品です。あらかじめ、リリカについてはしっかりと把握しておきましょう。

 

→ リリカが効果を発揮する症状や作用のしくみ

 

上記のサイトでリリカの効果や飲み方、その他の説明が詳しく書いてあります。一度読んでおくことをおすすめします。

 

リリカカプセルを個人輸入代行で安く入手

なかなか休みが取れないから病院に行けないんだけど、薬局にも売ってない…。薬代で家計が圧迫されちゃうからもう少し安くならないの?といった方は個人輸入代行を上手く使えば、安くしかも簡単にリリカカプセルを購入することができます。

 

個人輸入とは何かを軽く説明すると、国内では市販されていない薬品を海外から個人的に取り寄せるというスタイルの購入方法です。

 

色々と面倒な手続きもありますので手軽にとはいかないのですが、個人輸入代行業者をつかえば雑多な手続きを代行してもらうことでシンプルな取引が可能になります。使ってみればわかりますが、ネットショッピングとほとんど変わらない感覚で個人輸入を利用することができます。時間が取れなくて病院に行けない多忙な方にもリリカカプセルが入手可能です。

 

更に、病院を利用した場合には診察費がかかります。その上病院へ行く際には交通費もかかるでしょう。仕事を休んで病院に行けばそれも損害になります。個人輸入代行業者を利用するとコストを大幅に削減してリリカカプセルを手に入れることができるのです。

 

↓はリリカカプセル150mg(56錠入り)1錠あたりの値段を業者別にランキング形式で表にしたものです。

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
134円(最安値!) 無料 オオサカ堂 詳細
146.4円 無料 健康通販 詳細
258円 無料 ジェネリックドラッグ 詳細

このようにオオサカ堂であれば一番薬代を抑えることができます。この値段はあくまで1箱買った場合の価格になりますので、多く買えば更に割安になります。ですが、初購入で大量に購入するのは薬との相性が合わなかった時に損してしまいます。まずはお試しで1箱買って薬がよければ次回以降で大量買いすれば、リスクなしでお得に購入ができるでしょう。

 

リリカカプセルはどんな薬か紹介

リリカは神経が原因の痛みやしびれに対して処方される薬です。ピリピリまたはジンジンするような糖尿病性神経痛や、ズキズキやヒリヒリする帯状疱疹後神経痛などの治療に用いられます。

 

カルシウムイオンが神経伝達物質を放出することでこれらの痛みは発生しますが、リリカの有効成分であるプレガバリンにはこの作用を抑えることができるので、神経伝達物質の放出を減らすことにつながります。

 

鎮痛剤として医師が処方する薬の中にロキソニンがありますが、これは怪我や炎症などによる痛みに作用するものなので、神経が興奮している場合はリリカを服用するのが適しています。

 

椎間板ヘルニアは炎症が起こっている部位が痛みますが、中には神経がダメージを負って痛いこともあるので、リリカとロキソニンの両方を服用して治療するケースがあります。

 

リリカは全般性不安障害の治療にも有効という報告もあり、高い評価を与えているガイドラインもあります。ただし保険が適用されないので、医師とよく話し合って服用するか決めます。眠気やふらつきといった副作用が報告されているので、最初は有効成分を少なめにして服用させることも多いです。特に足腰の弱い高齢者は怪我の原因になるので注意します。